FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-29

旬のもの

ポカポカ陽気で

公園の横を通ると

八重桜がきれいに咲いていた。


a double flowering cherry tree_39
a double flowering cherry tree_39 / ajari





70歳くらいだろうか?



一人の女性が

せっかく咲いた桜を摘み取っていたので

何をしているのか訊ねてみた



塩漬けにして料理に使うのだとか・・・




皆さんそれぞれに

春の楽しみ方があるのですね・・・


そろそろお花見の季節ですね

皆様のお住まいの地域はいかがですか?





スポンサーサイト
2012-03-17

3年計画

梅や桜の花が咲く時期ですね。

お花見の話題になったのだが

東京の青梅に通う知人から

気になる話を聞いた。


青梅でプラムポックスウイルスによる

植物の病気の発生が確認され

梅の木が伐採されているらしい・・・。


人への感染は無いそうだが

防除策が『伐採』しかない病気なのだとか・・・


ウイルスの拡大を防ぐ為とはいえ

ウイルスに感染した梅を保有する農家は

長い月日をかけて

大切に育てた梅の木を伐採するのだそうだ。




ウイルスの潜伏期間は3年



本来ならば満開の梅が香るこの時期だが

潜伏期間を考慮して

新しい苗木も植えられず

更地の畑を見なければいけない農家の方が

気の毒でならない話だ。



一方でもう一つ気になる話



海外でこのウィルスが確認された時

行政が被害を最小に、

被害期間を最短に抑える為

全伐採による徹底した封じ込めを実行後

根絶宣言したらしい


中途半端な対策や対応は

梅農家の不安や被害を長引かせるのだが

それぞれ抱える問題や畑の規模も一定していない為

「全伐採して早く解決しましょう」と

簡単に解決とはいかない様子だ・・・




IMGP7057.JPG / coloredby




満開の梅が咲く

青梅の春が楽しめるよう

一日も早い問題の解決をお祈りいたします。





2012-03-09

黙祷

震災から一年が経とうとしてます




あの瞬間

皆様は

何処で

誰と

何をしていましたか?




私は都内のレストランで

知人と食事の予定でした。



しかも高さ48階



待ち合わせに遅刻しない様に

急いで仕事を終わらせようと

「人参をぶら下げた馬」状態でした。



地震の発生した

あの日のあの時を

誰もが忘れられない瞬間だったと

口を揃えて言います。



地震がおさまり

頭にあったのは






「家族の安否」






それだけ





待ち合わせのレストランの予約も

仕事も忘れて電話してました。




あの地震がキッカケで

物の考え方が変わった人がいます




大切な物の優先順位が変わった人



大切な人が分かった人



大切な事に気が付いたと言う人



共通して

その誰もが続けて口にするのは



     いたって普通の毎日の事






普段の生活のワンシーンだったり


当たり前で見過ごしてきた行動だったり


一緒に過ごしている家族だったり


当たり前の様にケンカしている恋人だったり




どれも幸せな状況で

相手も自分もイキテルから

うっかり見過ごされてきたり

簡単な事の様に思えてた






一年前に

辛い思いをされた方が

今も辛い思いを抱えていらっしゃると話に聞く



けれども、残念な事に

私は

彼らの本当の辛さを理解する事は

多分 同じ経験をしても無理なのだと思う




それぞれに積み重ねてきた「普通」は

決して私と同じものではないから



彼らが失った大切なものは

彼らの特別で普通の日常だったのだ



あの地震は

今 現在をイキる大切さを教えてくれた




今 現在 

苦しんで過ごす人達に

哀悼の意を込めて




韓愈《謁南岳廟遂宿岳寺題門楼》の詩中より


“噴雲泄霧藏半腹,雖有絶頂誰能窮。
我来正値秋雨節,陰風晦昧無清風。
潜心默禱若有応,豈非正直能感通。
須臾靜掃衆峰出,仰見突兀撐青空。
紫蓋連延接天柱,石廩騰擲堆祝融。
森然魄動下馬拝,松柏一径趨霊空。”





震災の前後にあたる

10日から12日のブログ記事は

控えさせていただきます。



亡くなられた方のご冥福を心からお祈り申し上げます。





2012-02-17

災い転じて

ずっと前から楽しみにしていた


個人的なイベントがありました。




今日の記事は



それでいく予定で



何の心配もして無かった






私は何かに憑かれているのだろうか・・・・





濃霧のおかげで流れてしまったわ!







船に乗る予定だった・・・






東京湾クルージング?





そんなおしゃれな船




おひとりさまには無用






Emma Maersk / RoyvanWijk

世界最大のコンテナ船エマ・マースク



には、さすがに及ばないが

こういった色気からは

かけ離れた船に

今回はお邪魔する機会に恵まれたのだ




なのに

まだアジアの海のどこかを航海中とは!






まぁ

自分自身の残念ぶりは

いつも通りなので

不思議と立ち直りも早かったりする




悔し紛れに

写真を撮りまくって

気分を変えようと

デジカメの電源を入れる




     「カードがありません」








・・・・・・・・ ;-_- 




船が入港してたら

濃霧がどうとかいうネタとは別に

残念な日になっていたのは間違いなかったようだ




イベントが楽しみな割に

準備に「熱」が入らないのは

子供の頃から変わらないと

再確認した日





2012-01-15

日本一

韓国人の知人と


日本で行った場所


これから行ってみたい場所の話題になった。




韓国は日本に比べて

交通費が安く

移動はタクシー バス もしくは地下鉄


マイカーがなくても不自由しないらしい



日本での移動は

交通費が高く

遊ぶには やや不便を感じていたそうだ


ところが、バス旅行は

遠くまで遊びに行っても

安くて便利だと

つい最近 覚えたらしい



往復バス&フリーパスセット『Q-PACK』
友達と遊びに行ったのが

楽しかった思い出だと笑顔で語る



では

これから行ってみたい場所は?





         ∑d(≧▽≦*)「フジさん!!」



興奮気味に即答いただいたが・・・




Mountain Blue aka Mt. Fuji @ Dawn / palindrome6996


このアングルの富士山の景色と



Mt Fuji Climb / stanchow


こっちのアングルでは





かかる時間 お金 

服装 装備が まるっきり違ってくるぞ??





一体どっちだ?





Mt. Fuji / Hyougushi


頂上まで登って

火口をぐるっと一周してみたいらしい




私は富士登山の経験が無いので

知らなかったが

1時間程で火口を一周出来ると

同席の経験者に聞いたのだが

経験談を色々聞いて気が変わったのか

希望内容を修正した



∑d(≧▽≦*)「火口を半分歩くだけで良いです」





・・・・・・




火口の半分を行って戻って1時間




ぐるっと一周して一時間・・・・




(。-_-)ノ「・・・一周しとけ。な!」


一度はご来光を拝んでみたい気もしますが

登山好きでもないのに

富士山だけ登ってみたいなんて

ミーハーで山の神様に申し訳ない気がして

遠くから拝んで過ごしております。



自然相手だと

事前の準備や学習は勿論ですが

状況判断や

時には引く潔さも大事っ。


しまった。


言い忘れた!



「2番じゃダメなんでしょうか?」ゲラッ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。