FC2ブログ
2011-11-02

プロの仕事

今日は髪をカット。


秋色でやや落ち着いた仕上がり。


やれやれ、やっとのんびり出来るよ。


落ち着いた気分で


TVをつけたら


たまたま番組内に出てきた


カピバラと同じ毛色だわ!ショック!!



Capybara with its Cattle Tyrant, Esteros Del Ibera, Corrientes, Argentina, 2nd. Jan. 2011 / PhillipC





髪切る話で思い出した。



知人にちょっとうるさめの

おばさんがいるんだけれど

彼女は美容室で

男性にカットされるのが苦手。


別にドキドキするとか

ときめく系の苦手とかいった意味では無く

指示が上手く伝わらないので


仕上がりが気に入らない。らしい。



(*'∇')「本日、お客様の担当をさせていただく〇〇です。」


     (б_б;)「よろしく。今日はボブにしてもらえます」


(*'∇')「長さはいかがいたしましょう?」


     (б_б;)「肩に付かない位、
         でもそれよりやや短めでお願い」



天然パーマで

カットしにくい頭してる癖に

肩に付かない位の長めを指示しておいて

それよりやや短めって

着地点はどこなの?!


(私が店員だったなら

ここら辺で脳内で声がする

「不思議なお客様一名入りま~す。」ゲラッ)



出来あがったら案の定

お気に召さない。


えり足のおくれ毛の長さが

ご不満だったらしい。


ボブの綺麗にカットされたラインから

やや切り忘れた様な感じで

髪の毛が出ていたとか・・・。



店員を呼んで手直しを指示。


仕事をきちんとやり遂げた彼の発した一言。



 (;'∇')「しかし、お客さま・・・これは産毛です」


決して切り忘れた訳では無いと言いたかったらしい。


ヾ(。`Д´。)ノ
「どこの毛だっていいのよ!
 みっともないから
 切って欲しいの!」




仕事もマニュアル化された現代社会の

ほころびを見た気分・・・・。


客の要望を正確に理解し

臨機応変に対応する。



プロの仕事には

サービス精神と柔軟さも求められる。



とりあえず、細心の注意を払って

言葉を選んで

彼女にアドバイス。


「貴方のカットの指示。店員には

 高度な理解力と豊かな想像力を求められるから

 ちょっと伝わりにくいのかも・・・。
 
 これからは仕上がりイメージは

 写真を持ってけ~!(*`д´)bなっ!」



男女間の
コミュニケーション能力の問題では無く
たまたま、かみ合わない二人の問題。


美容師さんも大変なお仕事ですね。
頑張って!

今日の仕上がりには大満足。
丁寧で良い仕事してくれた。
また次回もお願いしよ~っと。






スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する