FC2ブログ
2011-11-17

慌てずに!

ルネッサ~ンス!

今夜はワインで乾杯されてます?


Fotovendemmia @ Tenuta il Bosco / PaRik



私はワインは飲まないので

味の良し悪しは分かりませんが

昔、アメリカ人のアイクを

我が家の夕食に招いたら

美味しいワインを持ってやってきた。



山梨の国産ワインゲラッ



うぉ~い!
もうちょっとヒネリはなかったのかい!!



思わず客人に突っ込んだ。



(*`▼´*)b
「ニホン ノ ワイン ウマ~イ。」




くっさいブルーチーズ食べながら

ベタ褒めだったので

本当に美味い物が分かるのか

疑心暗鬼でしたが

飲みやすく香りの良い

美味しい白ワインだったと

記憶しております。



名前を覚えておくべきだった・・・。



人に勧められて飲んだお酒

気にいったものばかりなのに

ことごとく名前を忘れてしまう・・・残念。



最近は飲む前に

写真で証拠を残す様にしているが

お気に入りまではいかないのだ。



しかし・・・



チラッと見た本日のワインのお値段。



円高、ユーロ安とはいえ




ちょっとしたコーヒーや

ミネラルウォーターよりも

安いんじゃね?




TPPのメリットデメリットで

世間は騒がしいが

食品の質と安全を重視する

日本の良い品物の将来が心配だ。



検疫・検査を安く適当に!

関税もなくなるので、

よりいい加減で適当な

安い大量生産が勝つ!



なんて事にならない様に

賢い消費者を目指し

お勉強したいものだ。



ちなみに



最近、アルゼンチンでは

農業フォーラム


農家や消費者が

広く情報を共有、交換しているらしい。


ネットで新しい飼育方法や

栽培技術も意見交換するのだそうだ。


2月だか3月には

パリでは農業国際見本市が

大規模に開かれている。


皆 とっても勉強熱心ですね。



日本の消費者だけでなく

技術者と農家の距離も

更に身近になって親しみ

もっともっと

活性化して欲しいです。



ま~農業に限った問題ではないが

日本の明るい未来を

今夜のしし座流星群に願いたいものだ。



月見酒ならぬ星見酒だな。



Orionid / Velo Steve



ボジョレー・ヌヴォー(Beaujolais Nouveau)とはフランスのブルゴーニュ地方南部に隣接する丘陵地帯・ボジョレーで生産されるヌヴォー(プリムールまたは試飲新酒)仕様の赤ワインである。したがって、ボジョレーの通常の赤ワインとは異なる。その年に収穫されたブドウ(ガメ種)の出来具合を確認するための試飲酒のことである。業者などの毎年大量にワインを購入する人にとっては、その年の購入量を決めるための指針ともなる。


あれ?試飲酒なの?

ボジョレーってだけで

本番の購入関係なく騒いでる人

おかしくないか?


ワインは奥が深いのね~。って事でよし?






スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する