FC2ブログ
2011-11-25

野に咲く花の様に~♪

 山下 清 (やました きよし、1922年(大正11年)3月10日 - 1971年(昭和46年)7月12日)は、日本の画家。日本中を放浪していたことで知られる。

その人気の高さや、所属していた画壇がなかったために、その作品を鑑定できる者がいないこと、各地でお礼の為に作品を残したというテレビドラマの影響(実際には貼り絵はほとんど学園や自宅で制作していて、遺族が保管)から、贋作を本物と偽った展覧会などが開催されることがある。



「裸の大将」で知られる画家。


説明は不要でしょう。



私の職場に一人


山下画伯がいまして(゚m゚*)プッ


ドラマで見る「山下清」の様な風貌をした

ちょっと風変わりな青年。


我が社の山下画伯は放浪などせずに

黙々と仕事をする男



無口な男でして・・・


寡黙さは高倉健さんか


ゴルゴ13のデューク東郷。



たま~に用があって話しかけると

こんな感じ。


(-_-)「この仕事、君に任せていいかい?」


(超スローな語り口で)
        (━_━)「え~・・・と。出来る・・・・かな?」



(-_-)「出来なきゃ他にあたるから。どっち?
    出来る?出来ない?」



(超スローな語り口に沈黙も加わり
会話が更にペースダウンする。)

        (━_━)「はい。・・・・・・」



 (;-_-)「どうした~?今の返事はどっちのハイだ?」




(只今大変混雑しております
暫くお待ちいただくか
後ほどおかけ直しください
って位の時間を待たされて)

        (━_━)「や・・・多分・・・・」



(接触不良の為
途中音声が途切れてます
って位の短い間があいて)
        (━_━)「・・・・・出来ません。」




ナンデヤネーン!!(;==)ノ☆


「やれるだけやってみます!」って

前向きな闘争心を期待してたよ!




(。-ω-)「なんだかんだ言っても
    君、最終的には
    いつもキチンと仕上がってるから
    とりあえず君に任せるよ。
    出来なきゃ考えるから持っておいで」




身体は目の前にあるのだが

会話の最中に

思考だけよく放浪する癖がある画伯。



しかし

仕事は責任をもって

やり遂げる男なのです。


きっちり仕上げていました。


山下清・版画(リトグラフ)・「富田林の花火」
たいへんよく出来ました!





スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する