FC2ブログ
2011-12-09

降りました

『雪』(ゆき)は、日本の童謡。文部省唱歌。
作詞者、作曲者ともに不詳。


歌詞♪
1.雪やこんこ 霰(あられ)やこんこ。
降つては降つては ずんずん積(つも)る。
山も野原も 綿帽子(わたぼうし)かぶり、
枯木(かれき)残らず 花が咲く。

2.雪やこんこ 霰やこんこ。
降つても降っても まだ降りやまぬ。
犬は喜び 庭駈(か)けまはり、
猫は火燵(こたつ)で丸くなる。





今朝は雨から雪に変わりました。



初雪。



雪が降ると思いだす曲。

皆様にもあると思います。


初雪が降ったり

雪が積もると

私はこの童謡を思い出します。




そしてこの風景。





昔、近所にあった公園




砂場とブランコとベンチだけで

残りはお爺さんお婆さんの

ゲートボールスペース。




その広さ、約300坪。





雪が降った冬の朝。





どこも真っ白になるのですが

住宅街の中で

公園の白さが際立つ。




あれは確か休日だったと思う。




玄関のチャイムが鳴って

扉をあけると

近所のおばちゃんが二人いた。




警察を呼んだ方が良いか

確認して欲しいというのだ。







   何 事 ?








急いで公園に来てくれと言われ

公園に向かうと

黒い物体が二つ

真っ白な雪の中を転げまわる。






Attack! / smerikal



犬にしては大きい。






近所のアパートの住人だ。




黒人の成人男性2人

パンツ一枚、上半身裸で奇声を上げる。







チュニジア人とケニア人の男が2人

生まれてはじめて見る積雪に大興奮!





その日


私の内から

カワイイ可憐な雪の精や

雪の女王なんてイメージが消えた。






雪が降る度、

脳内によみがえるのは

チュニジア人とケニア人の男二人。




歓喜の声をあげて

初雪の中パンツで転げまわる!




童謡の『雪』



残念な事に

庭を駆け回るのも

もはや犬では無くなってしまった。




あんな子供みたいに

大喜びではしゃぐ姿

後にも先にも見た事無いわ。


大人になっても

あれだけ喜ぶ体験が

どれだけあるのだろう・・・。


羨ましいものだ。





スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

あの歌雪って題名だったんですかΣ(・□・;
あの字で書くと雰囲気出ますね~
私にとっては灯油を売りにくる車のテーマソングです。毎年嫌でも聞こえます。
黒人男性の歓喜の雄叫び…
読んでると微笑ましいですが、実際に見るとやっぱり怖いでしょうね(^^;;

Re: No title

灯油トラックも冬の定番ですね。
近所を走るトラックは
それぞれ違った曲を使ってやって来ます。
『月の砂漠』だったり『メダカの兄弟』だったり

黒人男性のはしゃぎっぷりは
普段恐そうだったのに
意外に子供みたいで
逆に親しみ持てる姿でした。

残念ながら、(当然ですが)
ご近所のマダム達からは
白い目で見られてました。

ちゃんとパンツはいてたのに・・・。(笑)

No title

チュニジア人とケニア人・・・

民族のマニアックさに笑いがでました。

失礼でしょうか?

Re: No title

笑っていただいて

問題無いと思います。

雪がとてもうれしかったのは

言葉が分からなくても

ご近所中に伝わりました(笑)