FC2ブログ
2011-12-20

魔除け 厄除け

クリスマス記事

第二弾。



玄関ドアの外側等に

この時期にとりつけられる

「クリスマスリース」


伝統的なクリスマスリースは、
モミの木の枝、月桂樹、
ヒイラギ、松ぼっくり、
ヤドリギ、
そしてカラフルなリボンから作られてます。


Festive Wreath / daryl_mitchell



ドアに下げるのは

アングロサクソンの習慣。


フランスでは「couronnes de Noël (クリスマスの冠)」

「couronne de l'Avent(待降節の冠)」

と呼ばれるクリスマスリース。



candle light iv / Laenulfean


テーブルの中央や家具の上に置いて

ローソクを立てるか



Advent wreath for Christmas 2010 / York Minster


天井から吊るす等が

伝統的な形らしい。



蝋燭は4本立てるのが

正式な形なのだそうで



日曜日ごとに1本ずつ火を灯し
クリスマスを迎える。


一番初めの日曜日に1本のロウソクに火をつける。
(しばらくしたら火は消す。)


次の日曜日に、
一度燃やしたロウソクと、
2本目のロウソクに火を付ける。

そうして、

クリスマスには4本とも火を灯すらしい。


クリスマスリースに立てるロウソクの色は

国によって違う意味を持つ。



フランスの伝統では赤。

「光」と「火」を象徴する色なのだとか。


スウェーデンでは純潔の白、


オーストリアでは贖罪(しょくざい)の紫



日本に伝わっているのは、

アメリカ式が主流のようです。



ところで

リースはいつまで飾るもの?




疑問に思い調べてみたら

海外では2月2日まで飾っておくというのが

一般的なのだと知った。




2月2日にイワシを焼いて

3日にはイワシの頭を柊の枝に刺したら

そのまま柊鰯として
次のイベント『節分』に突入出来るのね~


クリスマスリースの常緑樹は
雪に覆われた冬にも
緑を保つエバーグリーンを

そしてはじめと終りのない環は永遠を表す。



「永遠のいのち」のシンボル。



ワールドワイドで

重宝される

神聖な魔除けの植物。



Holly Wreath / Dave McLear


リースに「受難」を意味する

柊が使ってあるあたり・・・

中国の太極図を見る気分

人様の家の玄関扉にかかった

クリスマスリースを眺めていたりする

不審人物がおひとり~。ゲラッ



皆様が幸せな時間を過ごされます様に!





スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する