FC2ブログ
2012-01-30

お仕事ですか?

フライト編



今回は突然決めた旅の為

同行者ナシの一人旅



お隣 韓国は

韓流ファンのお姉さま達の

もしくは

オアシス


もはや『海外』と呼べるのかすら疑わしい土地



それだけ身近だって事なのですが

飛行機に乗ると

すでに韓流の会話が飛び交ってます。



目的の場所、食事、イベント、土産



綿密な打ち合わせの様子は

会議室でも

お目にかかれないのではないかと思える位

真剣そのもの。




そんな様子や会話が面白過ぎて

どこから手をつけていいのか

おひとりさまが勝手に困っていた所へ

一人の女性が声をかけてきた。



(*・.・)「お仕事ですか?」



       (-_-o)「いや。遊びです」 



(*・.・)「おひとりですか?」


        
     (-_-o)「(けっこう年季のはいった)おひとり様です。ゲラッ」 



(*・.・)「どなたかお知り合いがいるんですか?」



     (-_-o)「(多忙で音信不通の)友人がいます。」 



(*・.・)「いいですね~♪私は一人旅初めてなんです。韓国は4回目!」



     (-_-o)「日本人観光客が多いし、
          日本語出来る人も多いから大丈夫ですよ。何とかなります。」




(*・.・)「今回、最後のイベントだからどうしても行きたかったんです」



どうやら韓流ファンで好きな歌手が

軍隊に行く前の最後のコンサートに

どうしても行きたかったとのお話。




ちなみにこの時

私と女性の会話を

間に挟まれてうるさそうに

眉間にしわを寄せて無理やり眠る

ひょう柄マフラーの女性がひとり。




会話を早く切り上げねば

相当ご機嫌斜めの様子!




適当な所で話を切り上げたのだが

韓流ファンの女性

今度は眠っている女性をターゲットに決めたのか

すぐに声をかける。


(*・.・)「ごめんなさいね~。うるさくて。」




      (Σ(´Д`lll) スゲー!超マイペース・・・)



目を覚ました女性は不機嫌な様子で

ちょっと外国訛りの日本語で「大丈夫です」と返事をする。




どうやら韓国人女性。




するとさっきまで

日本語で熱くコンサートの話をしていた韓流ファンの女性

今度は流暢な韓国語で眠そうな女性に話を始める!





ペラペラじゃーん!恐るべし韓流ファンの情熱




学校で勉強するより

好きな事を好きな様にやらせた方が

勉強って伸びが違うのですかね。




韓流ファンの女性。

一人旅は初めてだと言っていたが

日本語、英語、韓国語、中国語をマスターしているらしい。




心配していたつもりが

こちらを心配して声を掛けてくれていたのだと

韓国上陸前に知る。




そんなに危なっかしい様子だったなんて・・・

本人に自覚は全くナシ




韓国入国前に

先行き不安な旅の予感。 つづく・・・





スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する