FC2ブログ
2012-03-07

清き一票

今年は世界の主要国で

指導者を選ぶ選挙が相次いで行われますね



その筆頭がアメリカ



アメリカ大統領は

どのようにして選ばれるのか?



2大政党制のアメリカでは

まず、民主党と共和党の

指名候補を決める選挙が行われます



再選を目指す現職のオバマ大統領は「民主党」



共和党は複数の候補者が

州ごとの予備選や

党員集会で指名候補を決め

8月の共和党全国大会で指名候補が決まります



11月の一般有権者投票で

「大統領選挙人」を選ぶのですが

アメリカ国民は大統領を直接選んでいるのではなく、

選挙人を選ぶことで

間接的に大統領を選んでいるって事ですね



一般投票で選ばれた選挙人は

12月に大統領候補者に投票するのです



11月の一般投票で

もう結果は決まった様なものなのに

12月の投票は必要か?って

突っ込む方もいらっしゃる事でしょう



現代のアメリカの事情には即していない

面倒で複雑な仕組みだと思います


「チェンジ」言うのは簡単だけど

現在あるシステムを変えるのは難しいのです



翌1月 開票



1月20日 新大統領就任式



世界の指導者達が

選挙で選ばれて変化の年ですが

それぞれの国の指導者たちが

どんな未来を目指すのか

楽しみ半分、不安半分。



Super Tuesday(スーパーチューズデー)
多くの州で同時に予備選挙、党員集会が行われる、大統領選挙の年の2月または3月初旬の火曜日を指す。最初に使われたのは1988年3月8日。最初の予備選挙、党員集会となるアイオワ州党員集会とニューハンプシャー州予備選挙と共に、大統領選挙の前哨戦で非常に注目される。アメリカでは、開拓時代から選挙が行われた。ほぼ全員がキリスト教徒であったため、聖書に従って日曜日はすべての労働を休んだ。だから翌日の月曜日を投票日とすると、前日の日曜日から投票所へ旅をしなければならないケースも出てくるため、火曜日が伝統的にアメリカでの投票日となっている






スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する