FC2ブログ
2011-11-03

幼児教育(その1)

今日は都内のあるホテルでのお話。


様々な国のお客様が行き交うロビー。


おしゃれな専門店を


ウィンドウショッピングする


お子様連れのセレブマダム。


一本1万のワインに対する感想も


さすがセレブ!


わずか4~5歳のお子様が


( ・◇・)「ママ、これパパがいつも飲んでるワイン」


そのまま即決、ご購入~。


ワインを飲まないので味の良し悪しは

分からないけれど良いお値段。


その風景がきっかけで

幼児教育と環境について考えた。


長くなりそうなので

本日は(その1)


「カエルの子はカエル」というが・・・


家庭環境の中に自然な形で聴診器や医学書があったら?


楽器や楽譜、専門的な資料に囲まれていたら?
(音楽に関してはある年齢に達するまでに
 一定の必要な教育が重要らしいですね)


子供達は身近な「玩具」としてそれらに親しみ

ご両親の会話も専門的であれば

子供は後天的要素として

家庭環境内でそういった

「知識」や「センス」に触れながら

成長してゆくものです。


生まれた環境によって

得られる教育に格差が生じる。




これは否定できない事実なのでしょう。



何だか最近ニュースで

これに似た内容の

暴動シーンを見た記憶がありますね。


なんて理不尽な世の中!。゜゜(´□`。)°゜。


あなた!

自分の人生を

悲観的に思っていません?ゲラッ


金持ちに生まれたかった!

美男美人に生まれたかった!!


幻想は夢見るだけならいいけれど

どっぷり浸るのは結構危険ですよね。

無いものは無いんですから。


考えるだけ無駄!ゲラッ


人間の運命はあらかじめ決まっていて

99%は自分ではどうにもならないとします。


しかし、残りの1%は

丸ごと自分のものだとします。

自分の気持ちと努力次第で

たとえ、たった1%でも

100%自由に幸せにイキられるもの。


恵まれた環境の人たちが

10%も20%も自由に見えても

その10%、20%の人生を

100%自由で有意義にイキるには

その人達の努力が大事。


10%、20%でも、たった1%でも

与えられてる「未来の自由度」は同じ。

100%有意義にイキればいいだけ。



私の言いたい事、上手く伝わった?



セレブが言っても

貧しい人が言っても

この話って説得力が無いと思ったので

ブログ記事にしたらつまらない内容だと考えた。


「貴方は恵まれてるから・・・」
「貧しい人間のひがみ・・・」


こんな感じで、判断は様々でしょう。

笑える「ネタ」ではありませんし。


私の本日のブログ記事を

どのように判断されるかは

皆様、ご自由に。



ただね・・・判断は早まらないで。



これはまだ一側面からのお話。



明日は別の側面から

教育について私が体験した

お話をもう1つしたいと思います。



現在辛い思いをしている人や

現状に失望している人の

幸せになるキッカケになれば

今日と明日の記事も

書いた甲斐があるってものよ!
(ダジャレじゃないの~)



我が家に子供はいないが

教育って大変だわ~。

お父さんお母さんって偉大!





2011-10-27

内緒の話は・・・

幼い頃、一度は歌った唱歌です。




「夕焼け小焼け」




ご存じですか?





出だし部分だけで構いません。





歌ってみて下さい。





出来ましたか?






続きまして





「赤とんぼ」







はい、どうぞ。





どうです?




ちゃんと出来ましたか?






ある人物と

このやり取り

そっくり同じく

記事にしたのですが





その人物が

自信たっぷりな様子で歌った

「赤とんぼ」






( ´Д`)「あ か とんぼぉ~♪」




       `;:゙`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
       それ唱歌じゃないだろ!





歌の出だしから既に間違ってるわ!



知らない人もいらっしゃると思うけど

あのねのねの名曲赤とんぼです。



ちなみに

私が初めて「あのねのね」で聴いた曲は

「つくばねの唄」




あかとんぼ違いのおかげで

つくばねの唄が頭で流れっぱなし。ゲラッ



今日はマニアックなネタでごめんなさい。

どんな曲か知らない方。

各自、自主学習でよろしく。



ブログに動画まであげたら

明日からのブログ記事・・・

方向性を見失いそうで不安を感じて断念。


育ちと知性が疑われるわ~。ゲラッ

既に底が知れてるけど( ゚艸゚)・;'.、ブッ



ちなみに、ご存じない方にアドバイス。

唱歌を聞く時は

周りに注意する必要はありませんが

「あのねのね」は要注意!

音量や場所を選んで聴いて下さい。


子供が学校で歌う歌じゃないな~。

内緒の話は、あのねのね♪(-m-)ぷぷっ






2011-10-16

いっこく堂

今日は・・・・


ブログ記事の途中で

日付が変わったので


昨日は


一日良く笑わせてもらった。



出掛けたのはいいが

天気が崩れているにも関わらず

都内は人が多かった。



家電売り場に行って

ノートパソコンを物色。



ま~店員さんの親切、熱心な事!


あれだけの熱意で

日常生活で

異性に声をかけられたいものだと

どれほど思った事か!ゲラッ


欲しい物は自分で見るから

そっと放置してくれと

見て回っていたのだが


店内にいた母と子のやり取りが

ケッサクだったので

ネタにさせてもらう事に。



お母さんが小学生低学年の

男の子と向き合って

店内の隅っこの

人の邪魔にならない

電子辞書のコーナーで

何やらやっていたのだが

何をしたかったのかは

途中からなので

結局分からなかった。



ではその様子をご紹介



(〃σIσ)「はい。ほら。アゴ引いてみて!」



         (´・ω・`)「・・・・・?」



アゴを引く


この表現

彼には少し難しすぎたようだ。



(〃σIσ)「アゴ引いてって!」   






次の瞬間名人芸を見た!








マペット2








マペット1







( ´;゚;∀;゚;)ンフッ






人間のアゴは


imagesCAHE2O0J.jpg


この様に上下セットをさし

稼働させる部分を一般的に

「下あご」というが




君がひいたのは





その下あごだけだ!

imagesCA3X32JT.jpg




パペット少年・・・・惜しかったな

一般的には不正解だ。


お母さんに「バカッ!」って

笑われてたけど


良くやってくれた!

ブログのネタ的には

大正解の動作だったと思うぞ!!(o・∀・)b゙ イィヨ!




世の中のお母さん。

バカな子はいない。

ちょっと個性の出し方や

フィールドを変えてみるだけで

どんな子も魅力的に輝くのですよ!




自分の感性に正直な

良いお子さんだったなぁ。



顎(あご 英語名:jaw)は、それを持つ生物一般においては、口の一部であって、開閉して物を捕らえる機能を有する構造体を指す。

ヒトを含む顎口上綱の動物では、頭の下部にあって、上下に開閉する機能を持つ、骨(顎骨)と筋肉を中心に形成された、口の構造物全体を指す。顎口上綱の顎は上顎と下顎で形成されており、支点のある上顎に対して下顎が稼動する。哺乳類(ヒトを含む)は下顎の稼動性が高く、これを繰り返し動かすことによって食物を咀嚼する。対して、顎を具えてはいても咀嚼を行わない動物の多くは、物を捕らえる、引きちぎる、呑み込むなどを行うために顎を用いる。






2011-10-13

リクエスト

ご訪問ありがとうございます。


本日は

昨日のお弁当の話の続きでして・・・




知人のお子様とお母さんの会話より



(・◇・)「まーま。明日のお弁当のおかず作った~?」



      (・x・。)「明日の朝作るから、まだ作って無い」



ヾ(`◇')「明日忘れないでね!」



      (・x・。)「はいはい。」


ヾ(`◇')「ぼく、タコとシャケが良いんだからね!」


      (・x・。)「はいはい。」





で、やはり想像したのは




bento / saotin








シャケ弁 / yoppy



でした。





残念ながら・・・・




違います。





Dinner @ Ichimura / jetalone



と、



rice with salmon & salmon roe. / bvalium




ヾ(*`Д´*)ノ"「ふざけんな!!
    夜の遠足に行く気か!」







親子で協議の末





シャケの西京漬けは譲れないとの事





today's dinner / [cipher]



普段、一体何を食わしてんダカ・・・。





2011-10-02

リピート機能

少し時間が空いたので

本屋に行った時の話。


行き慣れた近所の本屋には

いつも様々な年代の人たちが

それぞれ興味のあるジャンルの本を

一心不乱に読みふけっている。



私もその一人。



その時によって



立ち位置は違うのですが



本日は時間が短かったので

ビジネス関連の棚の前。

すぐ隣には資格・試験関連の棚。


3歳位の子供を連れたお母さんが

熱心に何かの資格の為の本を読んでいる。



本屋にいる子供は

本に夢中になる本好きな子か

本にはまったく興味がなく

帰りたくて仕方ない子だが


今回、その子は

その判定が少々難しいタイプ



震えるようなか細い声で

一生懸命母に訴えていた。



(;へ:)「ヨシキ君(多分友達の名前)はいいなぁ・・・
      *●□×★x(声が震え過ぎてもはや聞きとり不可能)
      買ってもらえて・・・・」*1


(・_・ )「うーん。そう。良かったね。」




そっけない母。

はじめはそんなに気にせずに

隣で自分の読みたい本を読んでいた。



(;へ:)「ヨシキ君はいいなぁ・・・
      *●□×★x買ってもらえて・・・・」*1




(・_・ )「ちょっと静かにして!」





 (;へ:)「ヨシキ君はいいなぁ・・・
      買ってもらえて・・・・」
*2




 (;へ:)「ヨシキ君はいいなぁ・・・
      買ってもらえて・・・・」
*2




(;へ:)「ヨシキ君はいいなぁ・・・
      *●□×★x買ってもらえて・・・・」*1






結構粘るなぁ・・・

何が欲しくて駄々こねてるんだ?




(-"-;)「ちょっと~。やめてくれない?」






やめて欲しいのは私の方だ。




さっきから呪文のように*1と*2を繰り返す

3歳児らしき子供の欲しい物が

一体何なのか気になって

本の内容に集中出来ん!





(;へ:)「ヨシキ君はいいなぁ・・・
      *●□×★x買ってもらえて・・・・」*1x5~6回




5回ぐらい聞いたあたりで

とうとう堪えきれずに

噴き出し退散 (´゚ω゚)・*;'.、ブッ




何が欲しかったのか謎。


本屋を出たい様子でもなく

本が欲しいのかも分からない

とにかく粘り強い事だけは

よくわかった。





震える涙声と呪文が

エンドレスで頭の中を駆け巡る

本屋で幼児にかけられた呪い。



しかし・・・・

それにしても、


やはり、どこへ行っても



母は強かった



何故あれを噴き出さずに

集中して本が読めるのか・・・・。